伝えたいこと

 アタマに手をやる女性

 こんにちは、森かすがです。

 

コーチングって、そもそも徳島県ではけっこう認知度低いんですけど、、知ってる人は知ってます。そんで、知ってる人の中には「いい印象を持ってない」人もいます。

 

 

なぜか??

 

 

私、思い当たるフシがあるんです。

Continue reading

 

 

 

こんにちは、森かすがです。今日は、ちと趣向を変えてツイッターのつぶやきをまとめてみました。ツイッターは、個人のアカウントとお店のアカウント分けてます。個人のアカウントは、始終こんな感じなのでフォローしないほうがイイかもしれません(笑)

Continue reading

sizen

ウチに猫が住み着いてまして。2匹。

里親募集中なんですけど、

見つかるまではということで庭に放しつつ面倒見てます。

幸いうちは近所がないんで、

庭から出ずによそに迷惑かけるとこもないようで。

今のところは平和に放し飼いしてます。

ネコって、すごいんですよ。

ちょうちょやらカマキリを捕食するんですよ。すごい勢いで。

今朝も、大物のカマキリをバリバリ噛み砕いてました。

目の前で見せられるパニック映画の縮図に、

「ああ、弱肉強食やなぁ。。。」と思わざるをえないのでした。

Continue reading

ypakemae

人の身体に触れるとき、祈ります。

神さま、この方のカラダの痛みがあるならばそれを取りのぞいてください。

魂に乾きがあるならそれを満たし下さい。

私の働きが必要ならば用いてください。

私の力ではなく、あなたの力でそれを行ってください。と。

Continue reading

まなざし

川島なお美さんが若くして亡くなられた話題で、世間は持ちきりですね。北斗晶さんの乳がんの話題も引けを取っていませんし。

 

 ここでひっかかってくる「癌(ガン)」というキーワード。川島なお美さんが民間療法に切り替えたことがガンの進行を早めたとか、いい医者に巡り合えなかったので間に合わなかったとか、そんな意見もチラホラ耳にします。

 

 私は、この数年で「抗がん剤否定派」の意見も「いや、抗がん剤も進歩してるよ」という意見も両方耳にしました。「ガンにならないためには菜食にしよう」とか「こんなもの食べてたらガンになるよ」とかそんな話もよく聞きました。

 

でも、私はちょっと寒さを覚えます。 もし、あなたがこのニュースを聞いて自分の未来に漠然とした不安を覚えたなら、少し立ち止まっていただきたいのです。

Continue reading

したくないこと

こんにちは。森かすがです。

私、以前ちょっと美容サロンに所属しかけたことがありました。

それは化粧品やサプリメントを販売するサロンでした。

でも、思うところあってすぐやめてしまいました。

こんなブログを発見し、そのときのことを思い出しました。 Continue reading

空と十字架

空と十字架

「信仰を勧めるのではなく、信仰をもってあたる。」

工藤信夫著「今を生きるキリスト者」という本の一節にこんな言葉がありました。

【中古】今を生きるキリスト者/工藤信夫著/いのちのことば社

価格:540円
(2015/9/17 13:09時点)
感想(0件)

私は思わずドキっとしました。

これは、私がキリスト教に出会ってからずっと忘れまじとしている信念であり、

なおかつ、何度も掲げなおさないとカンタンに流れていってしまう繊細なモノだからです。 Continue reading

考える女の子

こんにちは。森かすがです。

私には、幼いころから心に決めていた「絶対なりたくない仕事」が2つありました。一つは「教師」。学校の先生ですね。 こちらの記事でもありますが、よりにもよって一番大好きだった先生がPTAにけっこうな扱いを受けたのを聞いたこともあり、『私は教師にはゼッタイ向いてない』と思っていました。

 

そしてもう一つなりたくないのが「寺の嫁」。通称「寺嫁」。《今お坊さんがモテモテ!けどお寺に嫁ぐって大変みたい!》 というまとめ記事が作られるくらい、新しい市場「寺嫁」。(月9ドラマで「5時から9時まで~私に恋したお坊さん~」ってのもやってますしね。アレはほぼギャグにしかみえませんが)意外といるんですね、 お坊さんと結婚したいという人。

 

今回は「寺の娘でありつつクリスチャン」と言う 、なんとも微妙な立場の私が、「寺で暮らすとこんなことが起こるかも」よっていう話しをします。

Continue reading

木漏れ日

こんにちは、ブログをがんばりすぎてリウマチになった森かすがです。

正確にはリウマチではないんですが、自律神経の乱れからくる不調をきたしました。

そんなことがあったもんですから、なんでそんなにしてまで書くんや?と、あらためて自分に問いかけてみたんです。

 

そこで、私は自分の夢のことを思い出しました。

私の夢、「100人のグランマ計画」。

今日はそんなお話をつらつらしたいと思います。(続きを読む)

Continue reading